早寝早起きの効果

早寝早起きの効果

猛暑の夏には涼しい寝具をそろえないとなかな寝付けず、おそくまで起きて、朝起きれないことがよくあります。

 

また涼しい寝具で快適に眠れても、週末や連休中は、遅寝遅起きでお昼近くまで寝てしまう、なんてことがよくあるようです。

 

中国では、一般の学校は始業が8時のため、子供も大人も夜の9時頃までには布団に入っている人が多いようです。
つまり快適に眠れるためには、涼しい寝具をそろえつつ、朝の活動開始が早いため、早寝早起きは必然となるでしょう。

 

早寝早起きはどんな効果があるのでしょう?

 

睡眠中は、体内の様々な細胞が再生します。
特に皮膚の再生を促す成長ホルモンが最も多く活動する時間帯は、夜の10時から2時の間です。
この時間帯にすでに熟睡状態に入っている人の皮膚は新陳代謝が活発で、新しい皮膚の細胞がどんどん作られているので、肌色がよかったり、昼間の疲れを減少させます。
このため早寝早起きは皮膚の活性化に効果がありますね。     

 

また、この時間帯にいつもしっかり睡眠をとっている人は、さまざまな病気のリクスを抑えることができるので、早寝早起きは健康を維持する効果もあります。涼しい寝具を十分に活用して、この10時から2時の時間帯は熟睡できるように心がけることは大切です。      早起きをすると朝早くから活動ができ、気持ちもさっぱりして、時間の節約効果や、気分をさわやかにする効果もありますね。      涼しい寝具をきちんと用意し、休日も早寝早起きをして、これらの効果を実感してみてはいかが?