涼しい寝具と、アロマオイル効果

涼しい寝具と、アロマオイル効果

うだるような暑さが続く熱帯夜にぴったりの涼しい寝具が人気ですが、そんな涼しい寝具としてアロマオイルも人気上昇中です。

 

涼しい寝具としてアロマオイルを利用する方法として、寝る前のお風呂にペパーミントのオイルを浴槽に数滴たらします。         低温で5分から10分浸かると、あがったときに体にひんやり感が残り、そのまま涼しく快適な眠りを楽しむことができ、涼しい寝具としてのアロマオイル効果を発揮します。    
ですから、入浴後は体にひんやり感が持続しているうちに布団に入るのがよいでしょう。
この方法の注意点として、妊娠中の方は、このペパーミント風呂はお腹の赤ちゃんによくないので気をつけましょう。

 

また、涼しい寝具としてアロマオイルを利用する別の方法として、寝る前にラベンダーオイルをちょっとかぎます。               ラベンダーは気分を鎮静化する効果があるので気持ちをリラックスさせ眠りやすくなります。  
気持ちを涼しくする寝具としてのアロマオイル効果といえるかもしれません。
ですが、脳を活性化させる効果のあるローズマリーやレモンは、寝る前は控えましょう。

 

カモミールティーも安眠効果があります。

 

暑くて寝付けない、涼しい寝具で更に快適に眠りたい、というときにアロマオイルを使ってみてはいかがでしょうか